男性の悩み不動の第1位【AGA】についておさらいしてみる

更新日:

https://ikumousenchou.com

男性型脱毛症:AGA に密接に関係する男性ホルモンの影響

男性型脱毛症:AGA に密接に影響しているのが毛母細胞の働きです。

毛母細胞が働きをやめると直ちに毛髪が抜けてしまいます。毛母細胞は老化によっても弱くなりますが、それ以外の原因で働きが悪くなっている場合ば是非改善したいものですね。

毛母細胞の働きを悪くする原因としては、男性ホルモンの影響が挙げられます。

ジヒドロテストステロンというホルモンなのですが、これはαリダクターゼという酵素によってテストステロンが変換される事で生成されます。このジヒドロテストステロンが、髪のサイクルを乱す大きな原因になっているという事が分かってきたのです。

ジヒドロテストステロンが作用しやすい部位としてあげられるのが額より上、つまりM字部分と呼ばれる箇所です。頭頂部の薄毛にも男性ホルモンは関与していますが、特にM字型の薄毛に関しては男性ホルモンが直接の原因であると言えます。

ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きを阻害し、それによって健康な毛髪を作る事が出来なくなってしまいます。そうなると本来なら数年間はあるはずの髪の毛の寿命が短くなってしまい、本来よりも速く抜けてしまう事で結果的に薄毛となります。

しかし、ジヒドロテストステロンが全ての毛母細胞に対してこのような作用を持つかというと、必ずしもそうではありません。毛母細胞には受容体というものがあり、男性ホルモンの影響はこれを介して受けられると考えられています。これには個人差があるため、悪玉男性ホルモンが大量に分泌されていても、その窓口となるものが少なければ影響を受けずに済むのです。

この受容体の個人差によっても、薄毛の人とそうでない人の違いが生まれるという事になります。

エドワード船長プレゼンツ!

1

        ヤッホ〜〜〜〜〜!!!エドワード船長です!! 読者のみんなは、薄毛予防のために「サプリ」は使っているかな? もしや…、もしかしてだが、育毛剤だけ ...

-育毛コラム

Copyright© エドワード船長の本気育毛剤ランキング , 2018 All Rights Reserved.