それでも買う?個人輸入で海外の育毛剤を買うのはハイリスク!メリットとデメリット

更新日:

AGA治療で病院に通えば、「プロペシア」や「ミノキシジル」といった、医薬品の発毛剤が処方されます。

医薬品なので一定の効果が期待できますが、残念ながら現状として病院での育毛は「自己負担」。

保険が効かないため、かなりお金がかかってしまうのが現状です。

 

そこで、注目を集めているのが「海外製育毛剤の個人輸入」

一見難しそうな気もしますが、医薬品の個人輸入を代行してくれるサイトも多く、日本語で取引できるため人気です。

国内で使用されている育毛用の医薬品とほとんど変わらない内容でありながら、かなりリーズナブルに購入できるのが大きな強みですが…。

 

個人的には、育毛剤に限らず「医薬品の個人輸入は絶対にやめるべき」と断言します。

ここでは、育毛剤を個人輸入することのメリットと、リスク(デメリット)について紹介していきます。

育毛剤を個人輸入することのメリット

①料金が安い

育毛剤を個人輸入することのメリットは、なんといっても料金が安いこと。

日本の医療機関で薄毛を治療しようと思ったら、月々8,000円~10,000円ほどの費用がかかります。

もちろん自由診療になるので、病院によってはもっと料金が高いことも…。

しかし、個人輸入だと4,000円~5,000円程度で済ませられます。

もちろん、海外から輸入するため為替などの影響もありますが、半額程度まで費用を抑えられるのは嬉しいですよね。

②成分がより強力に!

個人輸入可能な育毛剤の多くは、国内で使用される育毛剤よりも強力な成分が入っていたり、有効成分が多く配合されているようです。

もちろん、量が多ければその分早く育毛効果が現れる…とは限りませんが、海外の育毛剤の方が効果を実感出来た、という意見も多いとか。

しかし、個人輸入にはデメリットも多くあります。

個人輸入のリスク(デメリット)

①完全に自己責任

海外の育毛剤は、成分の品質や配合量が日本の基準とは違うため、副作用の心配が多く考えられます。

国内の病院やクリニックで処方されるものであれば、用法用量についてしっかりレクチャーしてもらった上で使用し、副作用が現れた場合も責任をもって適切な対処をしてもらえます。

しかし個人輸入の場合は、説明してくれる医師も、責任を取ってくれる人もいないため、完全に自己責任。

このあたりをしっかり把握できないうちは、個人輸入に手を出すべきではありません。

②信用性を確かめる術がない

個人輸入した育毛剤はその国のものなので、説明書、箱に記載されている説明も全て外国語となっています。

成分や説明文をきちんと翻訳して、どうやら正しいものらしい、となってもそれが嘘だとすればどうしようもありません。

端的に言えば「本当にそれ、信用できる商品なの?」ってことです。

日本で販売されている育毛剤であれば、信用できる国家機関から認可が下りていますからね。

個人輸入した育毛剤で、育毛効果がみられないだけでなく、そこに副作用まで出てしまったら最悪です。

常にこのようなリスクがついて回ることを考えましょう。

結論!個人輸入で海外から育毛剤を安く取り寄せるのはリスクが高い

海外の育毛剤は個人輸入によって入手できますが、本来なら専門家に診察・解説してもらわなければいけないレベルの「医薬品」です。

格安で購入できるというメリット
粗悪な商品にあたっても自己責任というデメリット

これらを天秤に掛けて判断しなくてはなりません。

「信頼できる代行業者」を選ぶことができるかどうかがカギとなるでしょう。

 

もし、それでも個人輸入で海外から育毛剤を安く買うなら、副作用に関しての情報もしっかりと確認してから購入して下さい。

また、使用にあたっては細心の注意をし、もし異常があれば直ちに使用を止めましょう。

【マンガで読む】発毛剤は副作用がヤバイ!?毎日使うなら医薬部外品の育毛剤がオススメ!

突然だが、薄毛で悩んでいる諸君は「発毛剤」と「育毛剤」の違いは知っているかな? 「毛が生えるのが発毛剤で、発毛を促すのが育毛剤」ってことくらいは、漢字からのイメージで知ってる奴も多いだろう! 船長は外 ...

続きを見る

TOPへ戻る

TOPへ戻る

-育毛コラム
-, ,

Copyright© エドワード船長の本気育毛剤ランキング , 2018 All Rights Reserved.