自分に合った育毛剤の選び方とは?

更新日:

育毛剤の選び方

育毛剤を選ぶときには、頭皮の状態にあったものであることを確認しましょう。というのも、それぞれの育毛剤で使用されている成分は特定の原因に働きかけるように配合されていることが多いからです。

「一番売れている育毛剤」だからといって、必ずしも全員の薄毛や抜け毛に適切なアプローチをしてくれるとは限らないわけです。

そこでここでは頭皮の状態に合わせた育毛剤のタイプを紹介していきます。

塗る育毛剤

私たちがイメージする育毛剤というと「頭皮に直接塗る」ものを連想する方が多いはず。

確かに、販売されているほとんどの育毛剤は塗るタイプに分類されています。

まずはこのタイプの育毛剤と頭皮の状態との組み合わせを考えてみましょう。

毛穴の汚れを落とす

皮脂や古い角質、汚れなどが毛穴に詰まると髪の毛の成長を阻害してしまいます。

それだけでなく、育毛剤に含まれている有効成分の浸透を邪魔してしまうことも。

皮脂が多く分泌される方、フケが気になる方に適しています。

頭皮の炎症を抑える

頭皮環境が悪いと炎症が起こることがあります。

これが原因で抜け毛や薄毛に発展することも珍しくありません。

抗炎症作用のある天然成分を配合している育毛剤の利用を検討してみましょう。

栄養を与える

育毛のためには髪の毛の成長を促すための栄養が必要不可欠です。

基本的には血液の流れを良くすることが重要なのですが、それをサポートしてくれる栄養を直接送り込むための成分が含まれています。

どのようなタイプの頭皮の方にも効果が期待できます。

血液の流れをよくする

上記した「栄養を与える」と近いのですが、頭皮の血行を良くすることによって髪の毛の成長を促します。

頭皮の血色が悪かったり、凝りやすい人におすすめです。

基本的にどのようなタイプの方でも利用したほうが良いです。

飲む育毛剤

飲むタイプの育毛剤は頭皮の状態に合わせて選ぶ、というよりは抜け毛の症状に合わせて選択することになります。

大きく分けると、医薬品サプリメントに分けられます。

医薬品の飲む育毛剤

抜け毛が起こる原因に直接働きかける作用がある。

市販されていないので病院で診療してもらい、処方されて初めて手に入る

サプリメントの飲む育毛剤

あくまでも分類上は健康食品

髪の毛の成長を促すのに必要不可欠な栄養素が詰まっていて、身体の内側から育毛をサポート

医薬品タイプについては、ミノキシジルやフィナステリドといったものが挙げられます。

ミノキシジルは血管を拡張させ、血液の流れを急増させる医薬品です。フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)の原因とされる男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」の生成を阻害します。

サプリメントタイプの飲む育毛剤は、育毛に有効だとされる栄養素がたっぷりと詰まっていて、これによって体の内側から育毛しやすい体質を作り上げていくことが目的となっています。

医薬品とサプリメントの違い

両者は根本的に性格が異なるものです。

男性型脱毛症だとハッキリと分かるのなら、医薬品タイプを検討するべきですし、栄養不足や不規則な生活習慣などが原因だと感じるならサプリメントタイプを活用しましょう。

ちなみに、医薬品タイプの育毛剤とサプリメントタイプの育毛剤は併用できる場合が多いので、両者を同時に活用することでさらなる育毛効果が生まれるケースもあります。

育毛剤の特性と選び方についてわかって頂けたでしょうか?
育毛剤を選ぶポイントで最も重要な事は、何を重視して効果を求めるかをはっきりさせておくことが大切です。

育毛剤の大まかなタイプと何を選べば良いかについて、さらには具体的な育毛剤の選び方について見て行きましょう。

育毛剤の選び方

育毛剤は育毛成分の違いによってそれぞれ大まかな4つのタイプに分けることができます。

1、脱毛ホルモンを抑制

ホルモンを抑制するタイプでは医薬品のミノキシジルやフィナステリドが有名です。

市販品では、独自開発の成分や天然成分で脱毛ホルモンや脱毛因子と呼ばれている働きをブロックする

2、頭皮の血行促進

血行促進効果はほぼすべての育毛剤にある効果です。

栄養や酸素は血液に乗って髪や頭皮、毛根に届けられます。

3、髪を作る細胞に働きかける

髪を作る毛母細胞などに働きかける育毛剤は
「育毛剤イクオス」
などがあります。

イクオスについて詳しくはこちら

イクオスについて詳しくはこちら

4、頭皮環境を整える

過剰な皮脂によるベタつきを抑えるものは男性用育毛剤に多い傾向で、スカルプシャンプーなどでも得られる効果です。
女性用の場合は頭皮のトラブルを予防すると同時に保湿効果もある育毛剤があります。
また、女性用だと肌に優しい、天然由来成分の育毛剤も多いです。

また、男性用育毛剤では
「育毛剤イクオス」
「M-1育毛ミスト」
などは成分をナノ化して頭皮に浸透しやすくしています。

育毛剤の選び方に迷ったなら

育毛剤を選ぶ時は、まず髪や頭皮の状態を確認してみましょう。

頭皮が硬ければ血行不良の可能性があり、髪にコシやハリがなく傷んでいるなら栄養不足、頭皮がベタつくか乾燥しているなら頭皮のトラブルが考えられます。

男性の場合は男性ホルモンの影響から薄毛や抜け毛となっている可能性も高いので、男性ホルモンに作用するタイプの育毛剤から試してみるのも良いです。

育毛剤にもタイプがあるので、1つ試して効果が感じられなかった時は別のタイプのものを使ってみましょう。

-育毛コラム

Copyright© エドワード船長の本気育毛剤ランキング , 2018 All Rights Reserved.