まだ高校生なのに薄毛(ハゲ)に…未成年は育毛剤が使えない!高校生でも使えるものはある?

更新日:

高校生男子の薄毛の原因

①高校生でハゲてしまうのは遺伝が原因

ハゲの原因は親からの遺伝

「高校生なのにもうハゲてきてる…」という方のほとんどは、父親やおじいちゃんも薄毛に悩んでいるのではないでしょうか?

よく知られている通り、「AGA(若ハゲのこと)」は男性ホルモンにより髪の毛の成長が阻害されるため、親からの遺伝が大きく影響します。

遺伝子を変えることはできません。

ですが育毛剤を使用したり、生活習慣を変えたりすれば、髪の毛を強くしたり、髪が抜けにくい頭皮にすることはできます。

 

②学校やバイトでのストレスや生活習慣の乱れ

ジャンクフードはハゲの元

10円ハゲから広範囲の薄毛まで、若いのにハゲてしまっているという方は、ストレスが溜まっていたり、生活習慣が乱れていませんか?

思春期はホルモンバランスが乱れやすく、男も女も不安定になりがち。

ちょっとしたストレスでホルモンバランスが乱れ、薄毛になることもあります。

つまり、受験勉強でストレスが溜まっていたり、部活やバイトの帰りにジャンクフードを食べていたり…生活習慣の乱れが薄毛に繋がっているのです。

また、勉強や部活で疲れているからといって風呂に入らず寝ることは、薄毛やニキビの原因になります。

ジャンクフードや肉ばかり食べず、バランスの良い食事を心がけ、いつも身体を清潔にしてよく睡眠をとるようにしてください。

また、大学受験を控えていても息抜きは必要です。

新しいキャンバスライフをフサフサで迎えるために、正しい生活習慣を心がけましょう。

 

③一度はやってみたい派手なカラーリングやヘアワックス

高校生でカラーリングするとハゲる?

おしゃれのために若いうちから髪をブリーチしたり、カラフルな色に染めてみたり…。

ワックスやヘアスプレーで髪をセットすることも多いと思います。

高校生とはいえ、若い頭皮はまだ敏感でデリケートなため、髪を染めることやワックスで髪型を整えることは、頭皮の炎症に繋がります。

また、ワックスやヘアスプレーはしっかり洗わないと落ちにくいので、毛穴につまりやすく、薄毛の原因と直結しています。

カラーリングやヘアワックスで頭皮を傷めたあとは、しっかり頭皮ケアをしなければいけません。

正しいケアを毎日行えるかどうかまで考えてから、髪を染めたりワックスを使ったりしましょうね。

#インスタ男子 #自撮り男子 は将来確実にハゲる!?驚愕の理由とは…?

自撮り好きなイケメン男子が将来確実にハゲる理由 日常的なカラーリングやパーマによる頭皮ダメージが大きい 髪型でオシャレを楽しみたいイケメン男子は、頭髪をブリーチしたり、パーマをかけたり…。 染めていな ...

続きを見る

④思春期にありがちな抜毛症

抜毛症は育毛剤では治らない

抜毛症は精神疾患で、リストカットなどと同じく自傷行為のひとつです。

まだ原因は解明されていないようですが、ストレスが溜まると無意識に抜いてしまう、毛根が抜ける感覚が楽しくてやめられないという方も多いかもしれません。

特に思春期の女子に多く、誰にも言えずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

抜毛症・抜毛癖による薄毛は、育毛剤では治りません。

育毛剤は髪の毛を生やす、抜けにくくすることが目的です。

抜毛症の場合は自然に抜けてしまうのではなく、自ら毛を抜いてしまっているため効果がありません。

強く意識して抜いてしまうことをやめたり、病院で治療を受け、抜毛症を治したあとであれば育毛剤の効果はあるでしょう。

 

高校生(未成年)はAGAの薄毛治療ができない…理由は?

発毛成分の副作用が成長に悪影響を及ぼす

AGA(薄毛)治療に使われるミノキシジルは、厚生労働省に認められた医薬品です。

血管を拡張し、頭皮まで栄養を行き渡らせる効果があり、それが発毛に効果があるために使われます。

また、フィナステリド(プロペシア)も男性ホルモンに働きかけて発毛を促す医薬品です。

どちらの成分も発毛に効果があると言われていますが、副作用も多い強い成分です。

まだ身体が未成熟な高校生に使うのはリスクが大きいため、未成年への使用は控えたほうがよいとされています。

保護者の同意や同伴が必要に

ハゲ治療に保護者の同意を求める医者

副作用が大きいとはいえ、保護者の同意(または同伴)があれば治療ができるという病院もあります。

どちらにせよ多額の治療費が必要になるため、まずは保護者の方に相談したほうがよいでしょう。

保護者にもバレたくない、副作用が怖い、そんなお金はない…という方は、医薬部外品の育毛剤を検討してみてはどうでしょうか?

 

高校生でも「育毛剤」なら使える!オススメはイクオス

ここでは、おすすめの育毛剤の値段や購入方法・さらに支払い方法についてまとめています。

育毛剤の多くは、副作用のあるミノキシジルフィナステリドを使っていない医薬部外品で、病院でのAGA治療と比べると安く手に入ります。

しかし、病院での治療よりは安いとはいえ、育毛剤1本(約1ヶ月分)あたり6,000円前後してしまうため、学生には買いづらいかもしれません。

一人で悩まず、まずは保護者や、成人している兄弟に相談してみることをオススメします。

遺伝で薄毛に悩んでいるという方は、家族と一緒に使うのもオススメですよ。

高校生でも使えるオススメ育毛剤「イクオス」

高校生も使える育毛剤イクオス

イクオスのおすすめポイント

イクオスはミノキシジルが入っていません。

肌の弱い人も安心して使えるよう、天然成分を使った無添加の育毛剤です。

頭皮を正常化し、髪の毛が生えやすい環境を作ります。

無香料・無着色で水のような質感なので、ベタつかず、使っていることが周りにバレないのも高ポイントです。

イクオスは公式で「10代〜30代の方も安心して使える」と明記しているので、高校生でも安心して使えますが、小学生・中学生にはあまりオススメできません。

念の為、高校生が使う場合も、一度皮膚科などに相談したほうが良いかもしれません。

高校生にはちょっと高い?イクオスの値段

イクオス定期コース 5,980円/月 ※定価より49%OFF
イクオス+イクオスサプリEX定期コース 6,980円/月 ※定価より65%OFF
イクオス単品購入 8,980円(+送料630円)/月 ※初回のみ定価より24%OFF

イクオスは定期コースで購入したほうが、単品購入より安く購入できる上、45日間の返金保証があり安心です。もちろん1回きりで中止も可能です。

このキャンペーンはいつ終わってしまうかわからないので、早めに申し込むと良いでしょう。

イクオスの購入・支払い方法

イクオスは公式サイトからの通信販売で購入できます。

伝票の商品名は空欄なので、箱を開けられないかぎり何を買ったかはバレません。

支払い方法は、高校生だとクレジットカードは利用できませんが、それ以外にも代金引換、銀行振込、NP後払いwiz(コンビニ・郵便局払い)が可能です。

代引きや銀行振込の場合は手数料がかかりますが、NP後払いwizは手数料がかかりません。

少しでも安く購入したい方にオススメです。

未成年の方がNP後払いwizを使う場合は、法定代理人の利用同意を得てから利用しましょう。

イクオスについて詳しくはこちら

イクオスについて詳しくはこちら

 

2番めにオススメ育毛剤「チャップアップ」

高校生も使えるチャップアップ

チャップアップのおすすめポイント

チャップアップは、公式のよくある質問コーナーにも「男女問わず幅広い年代の多くの方にご利用いただいている」とあり、高校生でも問題なく使えます。

こちらも、ミノキシジルやフィナステリドは配合されていない、無添加・無香料の育毛剤ですが、中学生以下へはオススメできません。

 

チャップアップの値段

ローション1本定期便(育毛剤のみ) 7,400円/月(クレジットカード・後払い)
8,480円/月(代引き)
プラチナ定期便(育毛剤+シャンプー) 8,880円/月
即定期便(育毛剤+サプリ) 9,090円 ※定価より56%OFFF

チャップアップには単品購入のコースは用意されていませんが、もし気に入らなかった場合すぐに解約できるので安心です。

育毛剤のみのコース、育毛剤とシャンプーがセットになるコース、育毛剤とサプリがセットになったコースのほか、育毛剤2本とサプリのコースもあります。

予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

チャップアップの購入・支払い方法

チャップアップは公式サイトからの通信販売で購入できます。

イクオスと同じようにクレジットカード、代引き、NP後払いwizが利用できますが、代引きとNP後払いwizの場合は手数料がかかります。

また、イクオスと違う点としてAmazon Payが利用できます。

普段Amazonで買い物をするという方はコチラが便利かもしれません。

チャップアップの購入はコチラ

 

まとめ

育毛剤は、病院での治療に比べると格安ではありますが、高校生にとって決して安い買い物ではありません。

できるだけ家族に相談し、了承を得てから購入するようにしましょう。

また、若いうちであれば生活習慣を変えたり、シャンプーの仕方を変えたりすることで改善することもあります。

あまり悩まずに、できることから始めるとよいでしょう。

-育毛コラム
-, , ,

Copyright© エドワード船長の本気育毛剤ランキング , 2018 All Rights Reserved.